GeNSEn 課題先進地 熱海で実践する 企業と地域の共創による価値創造

GeNSEn 企業研修・事業開発コーディネート

Who We Are

様々な社会課題が山積し、50年後の日本の姿と言われる熱海。
私たちatamista・machimoriは、この課題先進地と言われる熱海で
2007年から民間事業による、まちづくりに取り組んでいます。

これまで、空き家率50%の熱海で、民間まちづくり会社を設立し
補助金を使わず自らリスクをとり次々と事業を生み出すことで中心市街地の再生に挑むとともに
創業支援・人材育成によって、多様で新たなプレーヤーを生み出し、
地域が抱える社会課題解決に挑んできました。

しかし、地域の課題は複雑かつ多様であり、課題解決よりも課題が進むスピードの方が早い状況です。
だからこそ、地域の中だけでなく、地域外の企業とも共創していきたいと考えています。

現在その思いを胸に、これまで実践の中で培った社会課題解決のノウハウを生かして、
企業向け企業研修・事業開発コーディネートを提供しています。

GeNSEnのGeNSEnとは “Generate Next Society” program for Enterpriseの頭文字をとった、企業向け社会共創事業の総称です。

お問い合わせはこちら

News お知らせ

参加企業(一例) これまでに⼈材育成プログラム・事業創出プログラムなどに様々な分野の企業様にご参加いただいております。

  • オムロン株式会社
  • 株式会社地域創生Coデザイン研究所
  • トヨタ・コニック・ホールディングス株式会社
  • 前田建設工業株式会社
  • 三菱地所株式会社
  • 株式会社LIFULL

About Us 私たちについて

私たちatamista・machimoriはこれまで、
「100年後も豊かな暮らしができるまちをつくる」をミッションに
創業⽀援プログラム「99℃〜StartupProgram for ATAMI2030〜」や
⾸都圏の企業を対象とした社会課題解決型企業研修、
⾸都圏の企業との地域での社会共創事業開発に取り組んできました。

代表者プロフィール

NPO法人atamista代表理事/株式会社machimori代表取締役

市来いちき広一郎こういちろう

1979年静岡県熱海生まれ、熱海育ち。東京都立大学大学院 理学研究科(物理学)修了。IBMビジネスコンサルティングサービス(現日本IBM)に勤務した後、2007年に熱海にUターンし、ゼロから地域づくりに取り組み始める。様々な形で熱海のリノベーションまちづくりに取り組んでいる。一般社団法人ジャパンオンパク 理事/一般社団法人日本まちやど協会 理事/一般社団法人熱海市観光協会 理事
著書「熱海の奇跡~いかにして活気を取り戻したのか~」(東洋経済新報社)